立川市

<平成24年10月更新。平成25年8月追加>

「交通」 立川駅
JR中央線、青梅線、南武線の駅です。駅の南と北に多摩都市モノレールの駅があります。
「交通」 JR青梅線 西立川駅
1930年(昭和5年)に作られた駅です。最初は工場で働く人や工場の荷物を運ぶのが目的でした。
今は、昭和記念公園へ一番近い駅として、休みの日はたくさんの人が乗り降りします。
写真はホーム西よりの風景です。広くて長いホームです。
「遊び場」 国営昭和記念公園
四季を通して、いろいろな花がさいています。小学校の遠足の場所としても利用されています。 
「建物」 東京都立川地域防災センター
災害などで新宿区にある東京都の中心の機能が止まった時に、この場所に避難します。
「建物」 立川競輪場
競輪というスポーツをする施設です。平成25年の国民体育大会の会場の一つになります。
「自然,地形」 東京うど
東京都ではウドが多く生産されています。この下に室(むろ)というトンネルをほり、その中で栽培しています。
「自然,地形」 リンゴ農家
立川市の一番西にあたる西砂町では農業が盛んです。梨や東京では珍しいリンゴを作っている農家があります。奥の校舎は、立川七中です。
「自然,地形」 畑,住宅,団地
西砂町では、農業が盛んですが、新しい家もどんどん建っています(写真の奥右側)。左の奥は、今から50年ぐらい前に建てられた松中団地で、平成23年から建て替えが始まっています。
「自然,地形」 玉川上水と残堀川
玉川上水と残堀川は、地図で見ると砂川町4丁目付近で直角に交わっています。
実際に見ないと、どのようにして川が交差しているのかがわかりにくいです。
写真では、手前が残堀川で左から右に流れています。左奥の少し見えているのが玉川上水の下流側です。
「関東ローム層」
関東地方では、地表から少し掘ると、赤い色の土の層が出てきます。東京では主に富士山や箱根の火山の火山灰が1万年〜10万年前に積もったものです。
立川の五日市街道の近くでは約10m〜15mの厚さがあります。井戸はこの層の下まで掘らないと水が出なかったので、玉川上水ができるまで、砂川地区は水に困ったそうです。
写真は若葉町4丁目の工事現場で撮りました。
「立川市若葉町付近から北を見た航空写真」
若葉小学校、けやき台小学校のある若葉町は、立川市の中では北東の角にあります。
すぐ隣は小平市、国分寺市、東大和市です。遠くには多摩湖、狭山湖や西武ドームが見えます。
写真は2010年に撮ったものです。
「立川市若葉町付近から北を見た航空写真 その2」
写真の真ん中を左右に横切る緑は玉川上水です。左端から斜め上に伸びる緑は野火止用水。
「行事,歴史的なもの」
昔、西砂地区では作物の豊作を祈り、麦わらのたばに火をつけて、グルグルと回す風習がありました。昔は五日市街道の上でやっていましたが、交通量が増え、危険になったので一時中断していました。
残念に思った地域の人が、8月の終わりに、西砂小学校と松中小学校を会場に、お祭りとして復活させました。
小学生も、自分たちが育てた麦のわらを使って、参加しています。
(写真は2010年の松中小会場)