清瀬市

<平成23年8月>
「遊び場」

清瀬金山緑地公園

市内で一番広い公園だそうで,1986(昭和61)年にできました。

公園のすぐわきには,柳瀬川が流れていて,多くの人が水遊びをしていました。
「交通」

西武線 清瀬駅 南口ロータリー

西武鉄道池袋線の駅です。
北口のロータリーが整備されています。
南口は,道がせまいのでバスが入るときには人がゆうどうします。
「交通」

西武線 清瀬駅 西側の踏切

西武池袋線と小金井街道が交差する踏切です。

この踏切は交通量が多く,南口に出入りするバスがスムーズに動けるように,誘導員ゆうどういんの人がいます。
「交通」

西武線 清瀬駅 東側のアンダーパス(清瀬立体)

西武池袋線と都道15号線が交差するアンダーパスです。

踏切がないので,車の通行もスムーズです。
「自然・地形」

柳瀬川


清瀬金山緑地公園に沿う形で流れる柳瀬川。
北側(埼玉県所沢市)には河岸段丘の様子が見られます。
「建物」

病院が多い

市内の南西部には,たくさんの病院があります。
病院の周囲には,多くの木々が残っています。
「建物」

気象衛星センター

気象衛星センターは、静止気象衛星「ひまわり」による観測(日本初:1978(昭和53)年)を始めてから、気象衛星の仕事を続けているそうです。

写真は,センターの裏手から写したもので,不思議な形の塔が建っています。
「お店」

清瀬駅南口 駅前商店街

南口ロータリーの向こう側にS字型に曲がった細い道がのびていて,写真のような商店街が続いていました。