八王子市

<平成24年10月>

「自然」高尾山
写真はケーブルカーの高尾山駅です。高尾山の標高は599mです。高尾山頂へはここからさらに45分ほど歩きます。
「交通」「お店」 JR八王子駅
JR中央線、横浜線、八高線の接続駅です。平成22年に南口にサザンスカイタワーができました。
「交通」 八王子インターチェンジ
中央自動車道路の料金所です。ここから山梨県、長野県に行くことができます。
「交通」高尾駅
JR中央線と京王高尾線の駅です。北口の駅舎は大正天皇の大喪列車の始発駅とするために新宿御苑(渋谷区の千駄ヶ谷駅近く)に建てられた仮の駅を、のちに移しかえたものです。
「歴史的なもの」八王子城跡自然公園
北条氏照が城主をしていた頃に豊臣秀吉が小田原攻めがありました。氏照が小田原城にいる間に豊臣軍は八王子城を攻め、わずか1日で落城しました。これがきっかけで、北条氏は小田原城の開城を決意し、豊臣秀吉の全国統一が完成したと伝えられています。
「交通」甲州街道
八王子は江戸と長野県の諏訪を結ぶ街道の宿場町でした。現在は国道20号線になっています。
「お店」道の駅八王子滝山
東京都で初めてできた道の駅です。地元で生産した新鮮な野菜などを買いに多くの人が集まります。
「建物」絹の道資料館
八王子市では絹織物がさかんに生産されています。ここでは糸や織物を作る道具や、生糸を横浜港まで運んでいたころの資料を展示しています。建物は当時の蚕室を模して造られています。
「歴史的なもの」小仏関跡
江戸時代、甲州道中の重要な関所でした。「入鉄砲に出女」はとてもきびしく取りしまりが行われていました。関所が開いている時間にも制限があり、待っている間は手形石に手形を乗せ、もう一つの手つき石に手をついていたとのことです。明治2年に廃止され、建物もこの時にこわされました。